【アーガイルネイル】セルフ&マニキュアで作る簡単なやり方とは?

アーガイルネイルをセルフで作るやり方 ネイル
Yubiko
Yubiko

秋冬定番「アーガイルネイル」を100均マニキュアと100均グッズで作ってみました。

秋冬ネイルの定番、「アーガイルネイル」。
ふんわりとしたパステルカラーでつくるアーガイルネイルは、男性にもウケのよい数少ないネイルアートの一つだと言われています。

今回も100均のポリッシュを使って簡単で失敗しにくいアーガイルネイルを作りました(๑ˇεˇ๑)

※やり方は相当自己流です。

アーガイルネイルに使うグッズ

マニキュア

アーガイルネイルに使ったマニキュア
左から・・・

  • TMマニキュアA クレヨンタッチミー TMM1503 ピンクベージュ 108円(セリア)
  • AT濃密グラマラスネイルエナメル21(ホワイト) 108円(セリア)
  • エスポルールネイルスモールグリッター84 ショコラティエ 108円(ダイソー)←廃盤
  • ATネイルアートペン01 ゴールド 108円(セリア)

ネイルパーツ

アーガイルネイルに使ったネイルパーツ
左から・・・

  • ネイルパーツ9マス 丸 108円(ダイソー)
  • ネイルラインテープ01ゴールド 108円(セリア)
  • ネイルパーツ9マス メタリック 108円(ダイソー)

アーガイルネイルのやり方

ベースコートを全部の爪に一度塗り

ベースコートを塗る
全ての爪にベースコートを1度塗りしておきましょう。

今回のデザインでは親指・中指・小指にピンクベージュの単色塗りにしています。またアーガイルのデザインは2種類です

アーガイルネイルの作り方

※先に大きいアーガイルのデザインの方(人差し指)を作っていきますね。

大きいアーガイル模様の作り方

先に4cmほどの長さでラインテープを3枚切っておく。

ラインテープを中央に貼る
爪の中央に真横になるようにラインテープ(ガイドテープの役割)を貼る。
×になるようにラインテープを貼る
そのライン中央で交差するように、テープを「×」になるように貼ったら、最初に貼ったラインテープを引き抜くようにゆっくりと引き抜く。
ホワイトを塗る
×の上下にホワイトを2度塗りする。
ラインテープを外す
×の右側にピンクベージュ、左側にショコラティエを2度塗りし、乾いたらラインテープを外す。
隙間にゴールドを塗っていく
ラインテープが貼られていた場所にネイルアートペンでゴールドを塗っていく。はみ出さないように慎重に。

~アーガイル柄の細いラインの引き方~

ラインテープを先に塗ったラインと平行になるように貼る
最初の×ラインと平行になるように、ラインテープを写真の場所に貼ります。

そのラインをガイドにして、ゴールドを塗っていきます。
イメージとしてはテープの上半分にかかるように塗っていきます。

ラインテープを外す
テープを外すと細くてまっすぐな線が出来上がります。この手順で、アーガイル柄の細いラインを引いていきます。(全部で4本)

小さいアーガイル模様の作り方

次は薬指のデザインを作っていきますね。

先に4cmほどの長さでラインテープを5本切っておく。

ラインテープを中央に貼る
爪中央に真横になるようにラインテープ(ガイドテープの役割)を貼る。

中央ラインより少し下、爪先中央から5mmほど外側を繋ぐようにラインテープを貼る
真横に貼ったテープの少し下と、爪先中央から5mmほど外側にずれた場所を繋ぐようにテープを貼ります。
上の画像を参考にしてください。

同様に反対側にもラインテープを貼る
反対側も同じようにテープを貼ります。

全てのラインテープを貼り、中央横に貼ったテープを引き抜く。
下側も中央ラインより少し上と爪下部分から5mmほどずれた場所を繋ぐようにラインテープを貼り、最後に一番最初にガイド用に張ったラインテープをゆっくりと引き抜くようにして外します。

ポリッシュを塗り分けていく
写真のようにポリッシュを塗っていく。
白→ピンクベージュ→ショコラティエの順番(薄い色から濃い色へ)で塗っていくのがおすすめです。万が一はみ出しても、濃い色を後から塗ると隠れる可能性があるためです。

ラインテープを外す
完全に乾いたらラインテープを全て外す。

隙間にゴールドを塗っていく
ラインテープを外した隙間にゴールドを塗っていく。人差し指でやったように、ラインテープを最初に貼ってガイドにし、1/2がはみ出すようにして、細いラインを書き足していく。
細いラインを塗るところ
赤線すべてに細ラインをいれていきます。

細いラインが全て乾いたら、トップコートを塗って完成!

(所要時間:60分)

ネイルチップの場合にはあらかじめ親指・中指・小指にピンクベージュを2度塗りしているので、乾燥したのを確認してからトップコートを塗り、ネイルパーツを配置していきます。

自爪の場合は、アーガイルネイル部分を作り終えてから、ピンクベージュを親指・中指・小指に塗り、乾燥したらトップコート→ネイルパーツで仕上げます。

まとめ

アーガイルネイルがネイルアート自体はシンプルなのですが、工数が多いので、結構時間がかかります。また自爪にやろうと思ったら片手なので、かなりしんどい。

個人的には自爪風のネイルチップを作っておいて、そこにアーガイルネイルを作ったものを自爪にペタ!がおすすめ♡

キレイなアーガイルを失敗なく作るためにも、焦りは禁物です。
ラインがまっすぐだとそれだけでキレイなアーガイルに見えるので、とにかく「まっすぐ」を心掛けてみてください。╭( ・ㅂ・)و

全ての指をアーガイルにしてもかわいいですが、個人的には片手1~2本が好み♡

このネイルにすると「あ~夏も終わりだなぁ」と実感するYubikoなのでした( ∩ˇωˇ∩)

この記事が役に立ったらぜひシェアを!
記事更新の活力にしています♪

The following two tabs change content below.
yubiko

yubiko

セルフネイル大好き。常にコスパがよくて高見えなネイルを求めて漂っています。100均のネイルアイテムやセルフジェルネイルのやり方なんかをご紹介してきます。