ブリンク182のおすすめアルバムはコレ。脱退したトムの復帰はあるか?

ブリンク182 おすすめ アルバム
おらひ
おらひ

「ブリンク182を語りだしたら止まんないよ?」なボクが、ブリンク182の音楽とおすすめアルバムについてまとめました。

Blink-182(以下ブリンク182)って、ホント青春。

一部の、っていうかロックキッズの間ではもう当たり前のように聞かれてたし、毎日お茶の間を騒がせてた。
ブリンク-182
出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式サイト

簡単にバンドを説明すると、上の写真左からベース、ドラム、ギター。
1999年発売「Enema of the State」がアメリカで500万枚を売り上げるメガヒット。

『Enema of the State』のジャケット。クソ懐↓
Enema of the State
出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式サイト

以降、日本でもヒットして2005年にいったん解散。

2011年に復活したけど、2015年にはギターのトムと他の二人の確執が大きくなって、トムが脱退。
高音ボーカルギターと低温ボーカルベースのツインボーカルが売りだったから、トムの脱退は結構賛否両論激しかった。

ファンとしては「トムがいてこそのブリンクだ」みたいな人も結構多いしね。ただ、トムのバンドに対する態度があんまりよくなかったらしいって言われてる。(詳細は知らないけど)

温厚で有名なベースのマークでもかばいきれず・・・という形なのかも。

スポンサーリンク

トムの復活はあるのか?

Tom Delong
出典:telegraph.co.uk/

そりゃ、ファンとしては復活してほしい。
かくいう自分も「トムがいてこそのブリンクだろ」派閥の一員だから。

もちろん、新ボーカルも悪くないし、新メンツでだしたアルバム『California(カリフォルニア)』も軒並み評価が高かったけど、正直ね、『なんか物足りない』。

まあ、でもトムは復帰しないだろうな、多分。
してほしいけどね。他のメンバーは新しいメンバーとも上手くいってるみたいだし。トムもソロアルバム出しちゃったしね↓
Tom DeLonge – To the Stars…
出典:consequenceofsound.net

トム自身は結構戻りたがってるっていうか、ブリンクの事ツイートしたりインスタあげたりしてるしね。

ブリンク182のおすすめアルバムは?

正直、トム関連の話でいくらでも話はできるんだけど、、、
話が長くなる前に、個人的なおすすめアルバムを紹介します。

ブリンク182を聴くなら絶対外せないやつ。

Blink-182 - Greatest Hits
出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式サイト

その名も『Greatest hits』!その名の通りベスト盤。

2005年までの曲しかないけど、これを聴けば大体ブリンク182の曲は押さえられる。有名曲ばかりで入門編って感じだけど。

例えば、有名アイドルのPV馬鹿にしたPV作って一躍有名になった『All small things』とか↓

裸で街走り回る純粋にヤバイPVが大ウケした『What’s the age again?』とか↓が入ってる。最高。

ちなみに、先述した『California』にはこれの美人Ver.のPVがある↓


いつまでこういうバカするんだろうなあ、本当に最高。

ただ、中には「ベストなんて邪道だ、オリジナルアルバムを聴きたいんじゃ!」っていうオレみたいなわけわからん奴が結構いると思うから、オリジナルアルバムのおすすめも是非させていただきたい。

おすすめのオリジナルアルバムはコレ

Take Off Your Pants & Jacket
出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式サイト

『Take Off Your Pants & Jacket』。2001年のアルバム。

演奏もかなり上手になって、『これだ!』っていうパンクロックが芯まで楽しめる。名盤ばっかりだから意見が分かれそうだけど、まあコレだろうな、と。

音が軽いのに、音楽批評家とかにも嫌われてないのがすごい。
大体軽い音楽は批判されるのにね。馬鹿なことしすぎてむしろ呆れられたのが要因か。

愛すべきおバカパンクロックを聴いて、青春を思い出そうね

メンツ代わったけど、まあまだ愛してるよ。ブリンク。

多分新しいアルバム出すまで来日はしないだろうけど(出してもフェスにしか来ない気がする)ライブがあるなら行きたいわ、やっぱ。

青春をブリンク聴いて過ごした人は、是非聞きなおしてほしい。
しっかりとあの頃がフィードバックするから。では。

The following two tabs change content below.
おらひ

おらひ

洋楽&文学好きな19歳。ドイツ文学が特に好き。洋楽はメインストリームからインディーズまで幅広く、ラウド系からポップ、パンク、実験音楽、サイケなど音楽ならジャンルフリーで好き。あとは漫画もそこそこです。⇒Twitterはこちら