【チョコレートがけネイル】セルフ&マニキュアで作る簡単なやり方!

セルフ&マニキュアで作るチョコレート ネイルのやり方 ネイル
Yubiko
Yubiko

美味しそうなチョコネイル。
アイス風とろーりでさらにおいしそうにしてみました♡

人気のチョコネイル。

バレンタイン時期の定番ネイルですが、夏ならアイスのチョコがけ風にしたらさらに美味しそうなんです♡ぜひ涼しげなアイスのチョコがけ風ネイルを楽しんでください。

今回も100均のプチプラネイルだけで作っています。

チョコネイルはマニキュアのカラーを変えたり、グリッターのONOFFでいくらでもアレンジ可能。
しかも簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

チョコレートネイルに使うグッズ

マニキュア

チョコネイルに使うマニキュア
左から・・・

  • ACネイルエナメルD76 108円(セリア)
  • AT濃密グラマラスネイルエナメル21(セリア)

使用したもの

ネイルドットペン

ネイルドットペン 108円(セリア)

アレンジ用グリッター

flake001_small
ATフレークネイルグリッター01 108円(セリア)

チョコレートネイルのやり方

【準備】
爪の長さを整えて、爪の準備(甘皮処理など)を済ませておいてください。
それからベースコートを1度塗りしておきましょう。

ベースとなるカラーを塗る

ベースカラーを塗る
2ベースカラー(今回はACネイルエナメルD76)を爪全体に1度塗り。(お好みに2度塗りでも)

チョコを垂らすポイントまで印をつける

今回は分かりやすいように「ホワイト」でやっていきますね。
アイスが垂れる位置にドットを描く
ベースカラーが乾いたら、ネイルドットペンの太いほうに、AT濃密グラマラスネイルエナメル21(白)をつけて、「ここまでアイスを垂らしたい」という終点にポンポンと置いていく。

ドットから爪先に向かってラインを引く

チョコが垂れる線を描く
ネイルドットペンに再び白のマニキュアをつけて、ドットを置いた位置から上に向かって線を引く。
(とんとんと置くように引いていくとキレイです)

画像斜線部分をホワイトで埋めていく

チョコの間を埋める
線と線の間をネイルドットペンの細い方に白いマニキュアをつけて適当に埋めていく。

肌についたネイルを落とす

皮膚についたマニキュアを除光液で落としていく
除光液を綿棒にとって、優しく拭き取るようにしてください。

トップコートを塗って完成

完成
こちらで完成になります。

アレンジ

ベースカラーをグリッター入りにしました↓
グリッター入りのチョコネイル

ちなみに、トップ画像にあったこちらの画像↓
チョコレートミントっぽいネイル
こちらも同じ手順で作れます。もちろん100均のマニキュアで作っています。

イメージはチョコミント。

残念ながら100均のマニキュアにはチョコレートっぽいカラーがなかった・・・ので、チョコ部分は自作(!)

ではチョコミントネイルの手順を紹介しますね!

チョコミントネイルに使ったマニキュア

ミントチョコネイルに使ったマニキュア
左から・・・

  • TMマニキュアB クレヨンタッチミーTMM1403マカロンミント 108円(キャンドゥ)
  • TMタフィーネイルTMTN1501キャンディーブルー 108円(キャンドゥ)
  • TMマニキュアB クレヨンタッチミーTMM1409オレンジ 108円(キャンドゥ)
  • TMマニキュアB クレヨンタッチミーTMM1412ブラック 108円(キャンドゥ)

チョコミントネイルのやり方

手順は上記と一緒。
カラーの塗り方ですが、

ベースカラーはマカロンミント1度塗りの上に、タフィーネイルのキャンディブルーを重ねています。
イメージとしてはサーティーワンのホッピンシャワーのような感じになります↓
ホッピンシャワーイメージ

チョコカラーはオレンジとブラックを8:2の割合で混ぜて作ります。
この割合だとミルクチョコレートみたいなカラーに。
黒の割合を多めにすると、ブラックチョコレートのようなダークなチョコ感が出ます。

最後はトップコートを2度塗りするとツヤツヤ感がまして美味しそうに仕上がります。
ぜひお試しあれ♪

 

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
明日への活力にします♪

The following two tabs change content below.
yubiko

yubiko

セルフネイル大好き。常にコスパがよくて高見えなネイルを求めて漂っています。100均のネイルアイテムやセルフジェルネイルのやり方なんかをご紹介してきます。

コメント