【話題】フジコチョークチーク、おすすめ使い方とコツ。スウォッチも紹介!

フジコチョークチークの使い方とコツ。涙袋や鼻筋への応用的使い方もご紹介
gigi
gigi

新発売のフジコチョークチーク全2種を使用したみたので、おすすめの使い方を詳しくまとめました。

5月30日(木)に「Fujiko」より新発売された「フジコチョークチーク」1,400円(税抜)。

 

”欲しいのは、ツヤ感溢れる色気頬”

 

な に そ れ !!

いつものようにITS’DEMOを徘徊していた筆者。思わず足を止めてしまいました。

今まで推しのツヤ肌に憧れてハイライトは色々と試してきたのですが、なんだかしっくりこない…。

その上、頬に赤みが出やすく血色が良いので、チークには全くと言っていいほどこだわりがありませんでした。

というかチークをつけなくても肌の赤みが勝手にチークになるからいいやくらいに考えていました…

 

が!

パーソナルカラー診断を受けてからというもの

あれ?チーク大事じゃない…?🤔

ということを思いはじめたときに目にしたのが「フジコチョークチーク」でした。

スポンサーリンク

ハイライトとチークがこれひとつで完成

フジコチョークチークは、ハイライト・ニュアンス・チークがひとつになっているもの。

  • 柔らかな光を集める「ハイライト」
  • ツヤと血色をつなぐ「ニュアンスカラー」
  • 自然な血色感を出す「チークカラー」

ボーダー状になっているので、ひと塗りで簡単にツヤ~チークのグラデーションをつくることができます。

それぞれの幅は8mm。骨格に自然にフィットするサイズだそう。

便利な繰り出し式

フジコチョークチークは繰り出し式。ケース横部分についているアジャスターで出し入れすることができます。

片手でカチカチ出し入れすることができるので便利です。

カラーバリエーション

フジコチョークチークのカラーバリエーションは全2色。

01 ローズライト

02 シャンパンライト

「シャンパンライト」はヌーディーな血色とツヤ、ローズライト」はバラ色の血色とツヤを出してくれます。

フジコチョークチークのスウォッチ

「ローズライト」と「シャンパンライト」を腕の内側にスウォッチをしてみました。

筆者のパーソナルカラーは「イエベ春」です。

シャンパンライトは発色はあまりなく、どちらかというとツヤがメイン

ローズライトはレッドよりのピンクで発色はやや強めな印象です。

使い方

「Fujiko」からフジコチョークチークのhow toが配信されているので動画を参考につけてみました。

引いて、馴染ませる。これだけ。

  1. ケースから1cmくらい出し、黒目の下から頬骨に沿ってCゾーンまで滑らすようにして引く。
  2. アウトラインを指でポンポンと馴染ませる。

これだけ!

テクスチャーはやや固めなのですが、肌の上で溶けるので力をいれなくてもスルスルと引くことができました。

フジコチョークチークを馴染ませるコツ

フジコチョークチークは顔の立体感を出すためボーダー部分はそのままに、アウトラインのみ馴染ませます。

もちろんこれだけでも良いのですが

目の下部分、ハイライトの白さと肌の色との境目ができて気になる…🤔

なので、筆者はアウトラインだけではなく、目の下部分もポンポンと馴染ませて使っています。

コツは目の下~鼻根の三角ゾーンまで馴染ませること。

鼻根部分までハイライトを入れることで顔の立体感もしっかり出すことができます。

シャンパンライトとローズライトの比較

※筆者は頬に赤みがでやすいため、緑のコントロールカラーをつけてから使用しています。

シャンパンライトの特徴

シャンパンライトはかなりナチュラルな発色。

ヌーディなカラーなので肌馴染みもとても良く、しっかりツヤを出してくれました。

筆者は赤み肌なのでシャンパンライトの発色がかなりマッチ。最近のマストアイテムです。

ローズライトの特徴

ローズライトはスウォッチのときはかなりしっかりめに発色したのですが、肌の上にのせるとナチュラルに血色感を出してくれました。しっかりメイクをしたいときや、リップカラーが控えめなときに使いたいカラーです。

”欲しいのは、ツヤ感溢れる色気頬”

今までチークは発色してナンボみたいなことを思っていたのですが

控えめな発色だからこそ、内側から溢れるような血色感が出る。

まさに「ツヤ感溢れる色気頬」。そうそう。欲しかったのはこれ。Fujikoさん天才。

イエベでも浮かないローズカラー

青みピンクが似合わない。

イエベの悩みです。青みピンクをつけると浮いてしまったり、ケバくなったり…。

青みがあるローズ系のカラーは顔がくすんでしまうので避けてきたのですが、ローズライトのピンクは青みより赤み。

イエベ春の筆者の肌でも浮くことなく、自然な血色をつくりだすことができました。イエベさんも使えるよ!

シャンパンライトは涙袋・鼻筋などのハイライトとしても使える

シャンパンライトはご覧の通りとにかくツヤ感たっぷり。

how to動画にもあったように、涙袋・鼻筋・唇山部分のハイライトとしても使うことができます。

ツヤを出したい部分に、スティックをそのまま滑らすだけ。

指にとってポンポンとつけるのもアリだと思います。

鼻筋に入れるときは、Tゾーンからではなく、目の間から鼻の頭まで引くと違和感なくツヤを出すことができました。

顔に光入れるの、大事

疲れてくると顔、くすむ。

でも顔に光を入れることによって、午後になっても顔がくすまず、イキイキと見せてくれるんですよね。

ハイライトってすごい。ツヤ、大事です。

初心者でも失敗なし、1つ持っておいて損はないコスメ

フジコチョークチークの発色は控えめ。

だからこそ内側から溢れ出るようなジューシーな血色+健康的なツヤをだしてくれるのが魅力だと思います。

チークにありがちな「つけすぎてしまって失敗!😨」という恐れもないのでチーク初心者にもおすすめです。

サイズも手のひらに収まるコンパクトサイズ。ポーチの中に入れてもかさばりません。

夕方に顔がくすんでしまったときも、ささっとつければツヤの光でくすみも飛ばし、イキイキとした肌に見せてくれるはず。店頭で見つけたらお手元で試してみてくださいね🥳

タイトルとURLをコピーしました