鼻の毛穴がぽっかり開きっぱなし!開き毛穴のいちご鼻を改善する引き締め法!

開き毛穴タイプのいちご鼻の改善方法 いちご鼻改善ノウハウ

角栓を取り除いても毛穴が開きっぱなし。気が付けばまたいちご鼻の繰り返し。そんな「いちご鼻のリバウンド」に苦しんでいませんか?

ここでは角栓を抜くだけでは解決しない「開き毛穴のいちご鼻」の原因と改善方法を詳しくご紹介します。

角栓を取っても閉じない「開き毛穴」とは

開き毛穴とは「自力で閉じることの出来なくなった毛穴」のことです。開き毛穴の特徴は角栓を取り除き、保湿をした後でもぽっかりと口を開けていること。
開き毛穴

いちご鼻の原因は鼻の黒ずみで、それを毛穴パックで取ってしまえば毛穴は閉じる・・・と考える人は多いです。

しかし実際は毛穴が自分の力で閉じられなくなっている「開き毛穴」が原因でいちご鼻になっているケースも少なくありません。

開き毛穴の原因は?

大きな原因は以下の2つ。

古い角質の蓄積による毛穴の硬化

何らかの原因により古い角質が除去されず、分厚く蓄積されることがあります。これが毛穴で起こると毛穴は硬くなり、自力で閉じる力を失ってしまいます。

正常な肌であれば28日周期で古い角質が落ち、新しい角質へと生まれ変わるのですが、これが妨げられた状態です(=ターンオーバーの異常)。

このターンオーバーの異常が毛穴で起こる理由としては、酸化した角栓が毛穴を押し広げてしまうことが考えられます。酸化した角栓が長期間毛穴内を圧迫し続けることで肌代謝を鈍らせてしまうのです。

この状態では毛穴パックやピーリング等で角栓を取り除いても、硬くなった毛穴は形状記憶のように開いた毛穴のままになってしまいます。
開き毛穴のメカニズム

コラーゲン・エラスチンなど弾力成分の低下

老化
主に頬の毛穴などで実感することが多い老化に伴う毛穴の変化
毛穴が「涙型」のように楕円状の形になるのが特徴です。

鼻では比較的起こりにくいと言えますが、ゼロではありません。鼻中央よりも小鼻は涙型毛穴が比較的起こりやすい場所になります。

加齢や紫外線の影響(光老化)により、肌にハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少することで起こると考えられています。
また、保湿不十分による乾燥や、代謝の低下などでも起こることがあります。

セルフケアで改善しやすい開き毛穴とは

開いた毛穴にはセルフケアで改善が見込めるものと、そうではないものがあります。

セルフケアで改善しやすい開き毛穴は「開き毛穴になっている原因が角質層にとどまっている」ものです。原因が真皮層にまで及んでいる場合にはセルフケアでは改善が難しいと言えます。

セルフケアで改善しやすい毛穴の特徴は

  • 毛穴の形が丸い
  • 年齢が若い(40歳以下)
  • 紫外線対策を日常的にしている
  • 肌にたるみや小じわが少ない

このような条件で開いている毛穴であればセルフケアで改善する可能性が高いです。

開き毛穴を閉じさせる改善方法

絶対に気を付けてほしいのは「角栓の除去」だけに集中しないことです。

理想的な角栓の取り除き方は、
毛穴が閉じる力を取り戻しつつ、ゆっくりと角栓も取り除いていくやり方。
開いた毛穴の戻し方
一気に角栓を抜いてしまうことは毛穴への負担が大きいためおすすめしません。それが刺激になって皮脂が活発に分泌されることもあります。

上記を踏まえた上で具体的な改善方法をご紹介します。

1日2回の「しっかり洗顔」

毛穴の汚れを取るには洗顔は欠かせません。
「朝は水だけで・・・」という人も多いのですが、寝ている時に活発に分泌された皮脂は水だけでは落としきれません。

朝と夜の2回、洗顔料を使ってしっかりと洗顔することをおすすめします。
この時に使う洗顔料は毛穴に特化したものか、固形石けんがおすすめ。

弱酸性系の洗顔料は皮脂汚れを落としきれない場合があります。

洗顔はぬるま湯で行ってください。

長時間乾燥を感じない保湿を選ぶ

丁寧に洗顔した後は保湿です。
基本的には化粧水→美容液→クリームの流れがおすすめ。

同じブランドのライン使いでも個別で揃えてもOKですが、ポイントは長時間肌が乾燥しないものです。

目安としては朝に保湿をしてお昼には皮脂でテカテカ・・・という場合は乾燥している可能性が高いと考えます。過剰な皮脂分泌は肌内部の乾燥を保護するためになっていることが多いためです。(10代は除く)

今使っているスキンケアが気に入ってる場合で、皮脂が過剰に出てしまうのであれば、使用量を増やすことで改善することもあります。

基本的にはこの2つを毎日続けるだけです。

・毛穴の汚れを落とせる洗顔料で丁寧に顔を洗う
・余分な皮脂が出ないほどに角質深部までしっかりと潤わせる

この2つができれば自然と肌のターンオーバーが整い、古い角質が落ち、毛穴が柔らかくなって閉じやすくなります。

開き毛穴におすすめのスキンケア

自分で水分を取り込む成分(セラミド)を生み出すライスパワーNo.11配合の「米肌」
米肌

保湿剤に頼らず自ら潤う肌にする「ライスパワーNo.11」は国が認めた成分

  • ライスパワーNo.11配合により医薬部外品
  • セラミドを生み出す肌にする
  • 90日間熟成・発酵させた米から抽出するエキス
  • 低刺激・アレルギーテスト済み
  • トライアルセットあり

大人の開き毛穴を効率よく整えてくれる成分がたっぷり使われているKoseの米肌はかなりおすすめです。
この成分というのが「ライスパワーNo.11」。

ネーミングのセンスについてはちょっと???に感じますが(すみません個人的な意見です)、この成分は角質に浸透したのち「セラミドの生成」を促す働きがあります。

ただ保湿として働くだけではなく、肌に入ってから保湿成分を作り出す働きをするのがポイント。結果として長時間潤いを維持できる肌となります。

トライアルセットでは14日分で

  • 洗顔(固形石けん)
  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム

の4点を試すことができます。(シートマスクもついてきますがオマケです)

米肌14日間トライアルセットの詳細へ

実際に米肌を14日間試したレビューをまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

 

もっと詳しく米肌の成分・効果・口コミを知りたい方はこちら

1.自力で潤う「保湿因子NMF」を活性化

自力で潤う「保湿因子NMF」を活性化
米肌に含まれるビフィズス菌発酵エキス、乳酸Naは肌が元々備えている保湿因子NMFを活性化させる成分です。
この保湿因子NMFは空気中の水分を吸着して引き寄せ、肌を潤わせます。

これにより角質層の弾力性や柔軟性を高めることができる重要な成分です。
しかし、このNMFは年齢とともにその産生が低下してしまいます。

NMFが不足した状態では、どんなに外から水分を与えても水分を保持できず、蒸発してしまいます。
大人の乾燥肌がしぶといのはこういった背景があるためです。

米肌はこの天然保湿因子NMF自体の栄養となる成分を多く含み、活性化させてくれます。
天然保湿因子NMFが増えれば肌は外からたくさん保湿しなくても潤いを保つことができるようになります。

結果肌が柔軟になり、毛穴閉じが起こりやすくなります。

2.潤った水分を保持し続けるようにサポート

セラミドを生み出し、水分保持能力をアップする
もう一つ、肌の潤いを保持するのに欠かせない成分が「セラミド」です。
セラミドが保たれた肌は、ふっくらとして毛穴開きが目立ちにくいのですが、セラミドもまた年齢とともに減少する成分の一つ。

米肌ではこのセラミドを直接配合しているのではなく「ライスパワーNo11」という医薬部外品成分を配合。
この成分はセラミドを活性化し、肌内部に増殖させる効果が期待されます。

セラミドを直接補うのではなく、セラミドを作り出せる肌にするのが米肌の特徴です。

3.肌表面と角質両方で潤いを閉じ込めハリUP→毛穴埋まりへ

ライスパワーNo11の効果
天然保湿因子NMFやセラミドは角質層にあってこそ、本領発揮できるもの。
しかし、分子が大きいものは肌の表面にとどまり、期待される効果を発揮できません。

米肌では成分をナノ化し、角質層に浸透できる低分子にしています。
結果、肌のハリツヤに有効な成分を効果的に補うことができていると言えます。

この3つのポイントから当サイトでは大人の毛穴の開きに米肌は最適なアイテムだと分析しています。

米肌の口コミ

Twitterへの口コミ数は多い方ではないですが、実際に使った方の評価は高め。
毛穴に使う人が多かったです。

柔らか肌にするのが

開き毛穴攻略のカギはとにかく肌を柔らかくすることです。
触れてみて、「柔らかい」「しっとりしている」という状態は古い角質が落ちている証拠です。

古い角質がある肌はゴワゴワとしていて、水分の入りも悪くなるので手触りで分かると思います。柔らかいと感じる肌で居続けることができれば、毛穴は自然と閉じていくでしょう。

角質が柔らかくなれば、美容液やクリームに含まれる美容成分も角質深部まで届きやすくなり、まさに美肌の好循環が生まれるわけです。

「成分表がむずかしくて何を選んでいいかわからない」
「自分の肌に合っているかどうかわからない」

そう思い悩む方は一度「本当に肌が潤った状態」を味わってみてほしいと思います。これがわかればあとはこの時の肌の手触りになるスキンケアをするだけです。

大人のゴワ肌も吸い付くもち肌へ

自分で水分を取り込む成分(セラミド)を生み出すライスパワーNo.11配合の「米肌」
米肌

保湿剤に頼らず自ら潤う肌にする「ライスパワーNo.11」は国が認めた成分

  • ライスパワーNo.11配合により医薬部外品
  • セラミドを生み出す肌にする
  • 90日間熟成・発酵させた米から抽出するエキス
  • 低刺激・アレルギーテスト済み
  • トライアルセットあり

 

The following two tabs change content below.
まめにゅー編集長

まめにゅー編集長

自身がいちご鼻に悩んだ経験から美容マニアになりました。 5歳1歳の男の子のママ。毎日子育てしながら執筆活動に勤しんでいます。。。 当サイトでは主婦・ママ目線で美容ネタ、育児、絵本について書いています。