【レポ】冠稲荷神社の限定御朱印とお守りをご紹介!縁結びの方法は?

冠稲荷神社の御朱印とお守り
gigi
gigi

冠稲荷神社の縁結びは有名。それと限定御朱印もあるのが魅力なんです。私も実際に行ってきましたので詳しいレポ、まとめました。

群馬県太田市にある冠稲荷神社は縁結びのパワースポットとしてとても人気の高い神社です。

天治2年(1125年)に創建されたこちらは、日本全国にある稲荷神社の中でも日本七社のうちのひとつに数えられています。
赤くて立派な社殿が目印のお稲荷さんです。

御祭神はウカノミタマノ大神・アマテラススメ大神他18柱。
ご利益は縁結び・子宝・安産・子育て・健康諸願成就・厄除・方位除・交通安全・家内安全です。

主に縁結びに強い神社で、毎月冠稲荷神社では婚活イベントも開催されているほど。

今回はそんな縁結びにご利益がある冠稲荷神社について、おすすめの縁結びスポットから、可愛い限定御朱印、毎月変わるお守りについてご紹介致します。

スポンサーリンク

日本一大きなボケの木の子宝・縁結び伝説

日本一のボケの木の縁結び伝説

まず最初に紹介したい縁結びスポットがこちら。

推定樹齢400年!日本一大きなボケの木。
それが冠稲荷神社の境内にあります。

群馬県指定天然記念物となっている冠稲荷の木瓜(ボケ)の木です!

その昔・・・。
子宝を願う女性が毎日参拝を続けているときに、ある修行者から授かったのがボケの実でした。
その実を刻んで飲むと、たちまち良縁と子宝に恵まれ、その女性はそのお礼としてボケの実を境内に植えたことから、子宝・縁結びの象徴として現在も人々に信仰されている、ということだそう。

推定400年の樹齢と言われているこちらのボケの木は、取材をした11月は枝のみの状態なのですが、3月中旬~4月初旬には今でも毎年真っ赤な花を咲かせます。

他にも境内には、二手に分かれて再び結びついた幹を持つことから「縁結びの桜」と呼ばれるご神木もあります↓
冠稲荷神社の縁結びの桜

実咲社のご神水で縁結び

冠稲荷神社には、ボケの木や縁結びの桜の他にもご利益を授かれる縁結びスポットがあります。
それがこちら↓
実咲社のご神水
「冠稲荷の実咲社」です。

冠稲荷のボケの木と共に鎮座している実咲社には、願い事を叶えてくれる可愛らしい白狐が並んでいます。
実咲開運絵馬に願いを書き、それぞれの願い事のお狐さんに奉納し、ご祈願します。

また、実咲社の一番奥にある手水舎から流れているご神水を容器に入れて、縁結び、子宝、安産、子育て、夫婦、健康の6つあるお狐さんに奉納してお願いすることもできます。

より強くお願いしたい方は絵馬とご神水の両方を奉納するとますますご利益を授かることができるそうですよ!

ご神水の奉納を実際にやってみた

ご神水の奉納
筆者も実際にご利益をあやかりに、100円を納めてご神水だけ奉納してきました!

ご神水を容器に入れていきます↓
ご神水を容器に入れる
お水がチョロチョロと細く出ているのでとても入れやすいです。

筆者は縁結びのお狐さんのところに置いてお願いしてきました↓
縁結びのお狐さん
さすが縁結びのスポットなだけあって、縁結びのお狐さんのところにはたくさん置かれています!
ちなみに容器のフタはお守りとして持ち帰るといいそうですよ♪

冠稲荷神社の御朱印を紹介!

冠稲荷神社では御朱印をいただくことができます。その数なんと5種類。

  • 通常の御朱印
  • 毎月限定の御朱印
  • 毎月の神様が描かれているもの
  • 七福神が描かれているもの
  • 縁結びのもの

こちらが通常の御朱印です↓
冠稲荷神社の通常の御朱印

戌の日には「安産きつね秋バージョン」の印が入ります。
※11月の戌の日は11月2(金)・14(水)・26(月)です↓
安産きつね秋バージョン

縁結びの御朱印は桜の花の形になっていてとても可愛いんですよ~!

毎月変わる限定の御朱印は要チェック!

冠稲荷神社では、毎月変わる限定の御朱印があります。

毎月の旬の自然の植物にあやかり、意味をこめた御朱印と、毎月の神様が描かれている御朱印の2種類。2018年は11月1日~23日まで、新穀を神様へ捧げるお祭りにちなんだ御朱印をいただくことができますよ↓
冠稲荷神社では、毎月変わる限定の御朱印

色鮮やかな印が可愛い御朱印です。
イラストの白狐は、五穀豊穣を示す稲穂と、霊力を引き出すことを示す鍵をくわえています。
11月の限定御朱印は23日までの限定なので気になる方はお早めに!

ちなみに毎月の神様が描かれている御朱印は、2018年11月(執筆中)は恵比須様でした↓
恵比須様の御朱印(冠稲荷神社)

なお、御朱印は直書き可能な日が決まっており、
2018年11月は
・土日祝日
・戌の日11月2(金)・14(水)・26(月)
となっています。
(通常の御朱印はいつでも直書き可能なのですが、「安産きつね秋バージョン」の印を入れてもらえる日が上記の日となっています。)

上記以外の日程は、基本的には書き置きか、押印のみとなっています。
書き置きの場合には糊付けをしてくれますよ。

冠稲荷神社のお守りを紹介!

冠稲荷神社では、普通の神社の様に社務所にお守りが置いてあるわけではなく、
社務所の前にある建物の中にお守りや御朱印帳、お札、白狐の置物などが置いてあります。
社務所の前にある建物の中
社務所の前にある建物の中

ご神木の金木犀を囲むようにして造られた建物は、とても現代的ででまるで観光地のお土産屋さんのようでした。

ちなみに、お守りやお札を購入する際に入れておくカゴも用意されているのでとても便利です。
購入の際は社務所まで持って行って初穂料を納めます。授与の際には巫女さんが鈴を鳴らしてお祓いもしてくれますよ♪

【初穂料(はつほりょう)とは】
神前結婚や七五三や地鎮祭、お宮参り・安産祈願、厄払いなど神道の祈祷や祭祀の時に神社に渡すお金・謝礼をさします。

毎月変わる限定お守りも!

冠稲荷神社では、毎月変わるお守りもあるんです!

「縁守」(えにしまもり)といって、冠稲荷神社の境内の中にあるその時の旬の植物の一部が入っている、月替わりのお守りです↓
縁守」(えにしまもり)
毎月100体限定の販売で、一体500円の初穂料です。

ちなみに11月は義貞の金木犀のお花が入ったお守りでした↓
縁守」(えにしまもり)
縁守」(えにしまもり)
植物の一部だけではなく、中にはお米も入っています。
さすが稲荷神社ですよね。

縁守は毎月中に入っている植物だけではなく、色も毎月違っており、とても鮮やかな色彩のものなのでとても可愛いんですよ♪
気になった方はぜひチェックしてみて下さいね。

お守りは他にも、縁結びのものや子宝、安産、健康長寿のものがありました。
ご事情によって参拝に行くことができない方も、郵送での授与も行われているので御守頒布サイトをチェックしてみて下さいね。
お電話での申し込みもできますよ。

冠稲荷神社
0120-32-7000
(9時~17時)

冠稲荷神社で可愛く縁結び♪

縁結びで有名な冠稲荷神社について、おすすめの縁結びスポットから、可愛い限定の御朱印や毎月変わるお守りの縁守についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

お稲荷さんといえば衣食住の神様ですが、五穀豊穣ということから縁結びにもかなりご利益の高い神社です。
神社では毎月、”DEAINARI”という婚活パーティーも行われているので、縁結びには最適ですよ。

毎月変わる縁守は月によって色々な意味も込められているので、誕生日にプレゼントとしてあげても喜ばれるはず!
境内も広いのでお天気のいい日にはちょっとしたお散歩にもおすすめです。

群馬県を訪れた際にはぜひ冠稲荷神社を参拝して縁結びのご利益を授かってみて下さいね!

冠稲荷神社へのアクセス

〒373-8580 群馬県太田市細谷町1番地

【最寄ICから車での所要時間】
・北関東自動車道伊勢崎ICより 約25分
・北関東自動車道太田桐生ICより 約25分
・東北自動車道館林ICより 約40分
・関越自動車道東松山ICより 約40分
・東北自動車道佐野藤岡ICより 約45分

【最寄駅から車での所要時間】
・東武伊勢崎線太田駅より 約15分
・東武伊勢崎線細谷駅より 約5分

The following two tabs change content below.
gigi

gigi

埼玉県在住webライターのgigi(ジジ)です。 趣味はアイドル鑑賞、神社仏閣巡り、コスメ収集、児童文学を読むことです。最近はベランダでガーデニングをしています。  Twitter→@gigi_i_purple_u 日常→@gigi_thisisme_   Instagram→@gigi_0122    ブログ→きょうもおこめがおいしい
タイトルとURLをコピーしました