いちご鼻に塩が効果的?毛穴の黒ずみ向け塩パック・塩洗顔の方法と効果!

このページでは塩を使った毛穴の黒ずみ・いちご鼻のケア方法や注意点、塩の選び方をまとめました。

塩を毛穴ケアに使うのがSNSで密かにブームになっているようです。

いちご鼻にも効果があると言いますが・・・実際はどうなのでしょうか。

塩はなぜ肌ケアに使われる?その効果とは

塩の効果とは
身近な存在である塩。
なぜ塩が毛穴の黒ずみをキレイにしたり、毛穴を引き締めたりすると言われているのでしょうか。

その理由は以下の4つです。

ミネラルが豊富

塩は天然ミネラルを豊富に含んでいます。
そのマグネシウムやナトリウムが毛穴に浸透して、汚れを浮かしやすくすると考えられています。
またカリウムは毛穴をキュッと収縮させる作用が期待できるとのこと。

この効果を期待して、歯ぐきの引き締めのために歯磨剤に塩を入れているようです。

ちなみに入浴剤として使う場合は、熱伝導を高め、温まりやすくするためだとか。
塩はたくさんの効果効能を私達にもたらしてくれていたんですね。

ソフトスクラブ効果

塩を使うことで、スクラブのような効果を得ることができます。
古くなった角質を塩がスクラブの働きをして取り除いてくれるのです。

保湿効果

塩には保湿効果もあります。
塩パックや塩マッサージをすると肌がしっとりとする効果を得られるのだそう。

血行促進

塩をお風呂に入れると保温効果が高まると言われていますが、これは湯に溶けた塩が電解質として肌をコーティングし、熱を逃がさないように働くためです。

結果、血流が良くなり発汗効果や老廃物の排除を促します。

殺菌効果

塩には強い殺菌効果があります。塩漬けしたものは腐りにくいですよね。それは塩には強力は殺菌効果があるためです。

肌に使った場合にも殺菌効果を発揮。ニキビの原因となるアクネ菌の除菌に効果的。毛穴に炎症を起こすと、メラニンが集まり、メラニン毛穴の原因になることもあります。

雑菌による炎症を防ぐことでメラニン毛穴の予防に繋がります。

メラニン毛穴とは?はこちら↓

いちご鼻への塩の使い方

肝心のいちご鼻には一体、どんな風に塩を使ったらいいのでしょうか。

巷でオススメといわれている方法を探ってきました。

塩パック

  1. 鼻をぬるま湯でぬらす
  2. 小さじ一杯の塩を鼻に塗る
  3. 3分放置してから軽くマッサージして流す

というもの。

実際にやってみました。
しかし、いきなりトラブル発生です。

3分待てません。
しみますっ!

敏感肌にはキツイと思います。。。
1分ほどで洗い流しましたがヒリヒリ感がしばらく残りました。

塩洗顔

塩洗顔
洗面器にぬるま湯を入れ、そこに大さじ2杯の粗塩を溶かします。これで1分を目安に洗顔をします。その後、ぬるま湯で洗い流したら完了です。

これは敏感肌の私でもしみることがありませんでした。洗い上がりは少しヌルンとした感じがしましたが、化粧水の浸透が良くなった気がします。

いちご鼻に塩パックは効果あるの?

塩パックや塩マッサージで毛穴ケアした方達の口コミを集めました。

効果は人それぞれのようです。

私は痛すぎて続けられませんでしたので今回はレポできませんでした。。。すみません。。。

塩パックは肌が弱い人にはNG

塩の結晶は角ばった形をしており、砂糖に比べると水に溶けにくい性質を持っています。
塩の結晶

そのため肌にのせた時に、強くマッサージをしたりするとこまかな傷を作ってしまう恐れがあります。
また浸透圧が高く、乾燥肌などで肌が弱っている時にはしみてしまうこともあります。

個人的には塩より砂糖です!

塩で毛穴ケアをする際の注意点

いちご鼻の塩ケアを行う上での注意点をまとめました。

しみたらすぐにストップ

肌が刺激を感じた場合、炎症に繋がる恐れがあります。すぐに洗い流しましょう。

強い力でマッサージしない

肌に傷を作ってしまうことがあります。
マッサージする時はあくまでも優しく短時間で行うようにしましょう。

週1回程度にとどめる

塩は刺激の強いもの。
毎日の使用はおすすめできません。
多くでも週に2回程度、できれば1回がベストです。

塩の選び方は?

塩パックや塩洗顔用に様々な塩が販売されていますが一体どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。以下に塩の選び方をまとめました。

精製塩はNG

精製塩は使わない
基本は天然塩・精製してない塩を選びます。

食卓塩は精製した塩になります。精製塩は99%塩化ナトリウム。ミネラルは排除されているため、おすすめしません。

岩塩はミネラル成分が少ない

岩塩はミネラル成分が少ない
一見良さそうに思える岩塩ですが、岩塩は昔は海だった場所が長い年月をかけて岩塩層と呼ばれる塩の層を作りそこから採掘されるものです。

その場所の土地の影響を受けて鉄分が含まれると淡いピンク色になります。(ヒマラヤ岩塩など)岩塩は塩化ナトリウムが結晶化したものであるためミネラル成分は少ないです。

そのため、スキンケアにはおすすめできません。

粗塩が最適

粗塩が最適
粗塩とは精製していない塩のこと。精製していないのでミネラル成分はそのまま。少ししっとりしているのが特徴です。

スキンケアに使うのはこの粗塩が最適です。

粗塩はスーパーで数百円で入手できるのも魅力です。

まとめ・身近にあるものでのケアは楽しい

思ってもなかったものが意外な効果を発揮すると、すごく嬉しかったりします。
ですが、身近にあるもの全てが低刺激で安全とは限りません。

使い慣れた塩もその一つ。
効果があるからと過剰に行っては悪影響になる場合も。

身近なものを使ったケアを行うときには必ず使用方法を確認する習慣を身につけましょう。
間違っても自己判断で行わないこと。

これを守って楽しく毛穴ケアをしていきましょう♪
 

おすすめ 身近なものでする毛穴ケア記事一覧はこちら→

毛穴ケアに関する記事全般はこちら→

The following two tabs change content below.
まめにゅー編集長

まめにゅー編集長

若い美女がやってる美容ブログは参考にならないので自分でまとめています。 元看護師→転職オタ。美容&美白オタ。 繰り返すいちご鼻持ちだけど改善マニア。何度も毛穴レスを体験。 5歳1歳の男の子のママ。もうすぐ40歳w

コメント

タイトルとURLをコピーしました